Pepper やNaoで使用されているNaoqi OSのメモです。

公式(英語)API

Namespace: AL

#include <alproxies/alloggerproxy.h>

メソッド


void ALLoggerProxy::debug(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨なので、代わりにqiLogDebugを使ってください。

Log a debug message.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.


void ALLoggerProxy::error(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨なので、代わりにqiLogErrorを使ってください。

Log an error message.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.


void ALLoggerProxy::fatal(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨なので、代わりにqiLogFatalを使ってください。

Log a fatal message.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.


void ALLoggerProxy::info(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨なので、代わりにqiLogInfoを使ってください。

Log an info message.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.


void ALLoggerProxy::logInFile(const std::string& fileName)
バージョン1.12から非推奨なので、ログハンドラをqilogで作り、qi::log::addHandlerを追加してください。詳しくはlibqiドキュメントを参照

ファイルにログを出力します。
ただしNAOでは非推奨です。

Parameters:
fileName – The fileName to use. Relative to the user naoqi folder.


void ALLoggerProxy::logInForwarder(const std::string& inputAddress)
Warning
非推奨

ログフォワーダにログを発行します。
デフォルトの値 tcp://localhost:5099 を使うために空の文字列を発行します。

Parameters:
inputAddress – Desired input ZMQ address of the Log Forwarder.


void ALLoggerProxy::logInStd()
バージョン1.12から非推奨です。何もしません。


void ALLoggerProxy::logInSys()
バージョン1.12から非推奨です。何もしません。


void ALLoggerProxy::lowDebug(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨です。代わりにqiLogDebugを使用してください。

Log an lowDebug message.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.


void ALLoggerProxy::lowInfo(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨です。代わりにqiLogVerboseを使用してください。

Log an lowInfo message.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.


void ALLoggerProxy::removeHandler(const std::string& name)
バージョン1.12から非推奨です。APIに関するハンドラを用意しない限りは使用しないでください。


void ALLoggerProxy::separator()
バージョン1.12から非推奨です。


void ALLoggerProxy::setFilter()
バージョン1.12から非推奨です。


void ALLoggerProxy::setVerbosity(const std::string& verbosity)
バージョン1.12から非推奨です。代わりにqi::log::setVerbosityを使用してください。

set verbosity: debug, verbose, info, warning, error, fatal, silent. Default is info

Parameters:
verbosity – verbosity value


int ALLoggerProxy::verbosity()
バージョン1.12から非推奨です。代わりにqi::log::verbosityを使用してください。

Get verbosity level of qi logs: debug(6), verbose(5), info(4), warning(3), error(2), fatal(1), silent(0). Default is info.

Parameters:
verbosity – verbosity value


void ALLoggerProxy::warn(const std::string& moduleName, const std::string& message)
バージョン1.12から非推奨です。代わりにqiLogWarningを使用してください。

Log a warning.

Parameters:
moduleName – Name of the module.
message – Log Message.

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

NAOqi - Developer guide

Creating an application?

Programming for a living robot?

Other tutorials?

Choregraphe Suite?

どなたでも編集できます