Pepper やNaoで使用されているNaoqi OSのメモです。

このページについて


NAOqi Interaction engines - 概要 | API |



警告
このモジュールは非推奨です。多くの機能は新たなモジュールであるALBackgroundMovementおよびALListeningMovementに移動しています。
Namespace : AL



メソッドリスト


他のモジュールと同様、ALModule APIからメソッドを継承しています。
固有のモジュールは以下になります。

class AutonomousMovesProxy
・ALAutonomousMovesProxy::setExpressiveListeningEnabled
・ALAutonomousMovesProxy::getExpressiveListeningEnabled
・ALAutonomousMovesProxy::setBackgroundStrategy
・ALAutonomousMovesProxy::getBackgroundStrategy

メソッド


void
ALAutonomousMovesProxy::setExpressiveListeningEnabled(const bool& enabled)
version 2.4以降は非推奨のメソッドです。ALListeningMovementProxy::setEnabledを使用してください。

expressive listeningを動作/停止します。

使用可能な引数: expressive listeningを動作するかどうか

void
ALAutonomousMovesProxy::getExpressiveListeningEnabled()
version 2.4以降は非推奨のメソッドです。ALListeningMovementProxy::isEnabledを使用してください。

expressive listeningが動作しているかどうか取得します
Gets if the expressive listening is enabled.

返り値: expressive listeningが動作していればTrue、それ以外ならFalse

void
ALAutonomousMovesProxy::setBackgroundStrategy(const std::string& stategy)
Deprecated since version 2.4: use ALBackgroundMovementProxy::setEnabled instead.

Sets the backround posture strategy.

param strategy: The backround posture strategy (“none” or “backToNeutral”).

void
ALAutonomousMovesProxy::getBackgroundStrategy()
Deprecated since version 2.4: use ALBackgroundMovementProxy::isEnabled instead.

Gets the backround posture strategy.

return: The backround posture strategy (“none” or “backToNeutral”).

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

NAOqi - Developer guide

Creating an application?

Programming for a living robot?

Other tutorials?

Choregraphe Suite?

どなたでも編集できます